ユリマックス(タムスロシン0.2mg)「通販で格安で購入する方法」

 

ユリマックス

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
お知らせ
レビュー
購入先

□概要

排尿障害の治療薬ハルナールのジェネリック医薬品前立腺肥大症や頻尿、残尿感、排尿に時間がかかるなどの中高年男性の排尿障害を改善します。

有効成分:塩酸タムスロシン0.2mg





□効果・効能

リマックスはタムスロシン配合の医薬品で、前立腺肥大症による排尿障害の症状をおさえるお薬です。

前立腺尿道の筋肉をゆるめ、尿道内部の圧力を低下させることで、尿の出が悪い、残尿感がある、トイレが近いなどの、男性に起こる泌尿器の症状を改善します。

適応外にはなりますが、神経因性膀胱や尿管結石の排出促進に用いることもあります。

タムスロシンは「選択的α1受容体遮断薬」とよばれる種類のお薬で、有効成分として「タムスロシン塩酸塩」が配合されています。

タムスロシンは、尿道及び前立腺部のα1受容体を遮断することにより、前立腺部における尿道内圧を低下させて、前立腺肥大症に伴う排尿障害を 改善します。

選択的α1受容体遮断薬の中でも作用時間が長いことが特徴で、1日1回の投与で高い効果を期待することができます。

医療用医薬品としても、「ハルナールD錠」という商品名で、多くの方に使用されています。

前立腺肥大症の治療薬としてはタムスロシンの他に、α1阻害薬(フリバスユリーフなど)や抗アンドロゲン薬(ルトラール、プロスタールなど)、5α還元酵素阻害薬(アボルブ)、低用量PDE-5阻害薬(ザルティア)、抗コリン薬(デトルシトール)、フラボキサート(ブラダロン)、植物・アミノ酸製剤(パラプロストセルニルトンなど)などが用いられています。


□用法と用量


前立腺肥大症に伴う排尿障害 成人には、タムスロシン塩酸塩として0.2mgを1日1回、食後に服用してください。 年齢や症状に応じて、適宜減量するようにしてください。

□副作用

  • 軽度の副作用として、めまい、ふらふら感、胃不快感、吐き気、便秘、鼻詰まり、浮腫、失禁など
  • 重大な副作用として、肝機能障害、黄疸、失神・意識喪失など
  • 降圧剤と併用することで、血圧に影響を与えることがあるので、併用薬がある場合には専門家に相談してください。
  • めまいやふらつきが起こる可能性があるので、高所作業や自動車の運転などは、行わないようにしてください。



□お知らせ





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

ユリマックス