タリオン錠ジェネリック「通販で格安で購入する方法」

 

タリオン錠ジェネリック

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
お知らせ
レビュー
購入先

□概要

アレルギー性鼻炎によるくしゃみや鼻水の症状や、蕁麻疹による皮膚の赤みや発疹、肌のかゆみといった症状を改善する抗アレルギー薬です。

有効成分:ベポタスチン (Bepotastine) 10mg





□効果・効能

タリオン錠ジェネリックは、かゆみやくしゃみ、鼻水、鼻づまりをおさえるお薬です。アレルギーの原因となる物質(ヒスタミン好酸球など)が、つくられたり放出されるのをおさえるはたらきがあります。

アレルギー性鼻炎によるくしゃみや鼻水の症状や、蕁麻疹による皮膚の赤みや発疹、肌のかゆみといった症状を改善します。

タリオンは「ヒスタミンH1受容体拮抗薬(第二世代)」に分類されるお薬で、有効成分として「ベポタスチンベシル酸塩」が配合されています。第二世代の抗ヒスタミン薬は、「抗アレルギー薬」とよばれることもあります。

同様の効果を持つ薬剤として、アレグラ(フェキソフェナジン)、アレロック(オロパタジン)、クラリチン(ロラタジン)、ザイザル(レボセチリジン)、ビラノア(ビラスチン)などがあります。
これらの薬剤は安全性が高いことが知られており、一部はドラッグストアなどでもOTC医薬品として販売されています。

タリオンの特徴として、腎臓でお薬が排泄されるため肝臓の悪い方であっても使いやすいということがあります。ただし、腎機能の低下している方においては、タリオンは慎重に使用しなくてはなりません。

タリオンがアレルギーをおさえる仕組みには、さまざまなものがあります。

  • ヒスタミンH1受容体拮抗作用
  • Ⅰ型アレルギー反応抑制作用
  • 好酸球の浸潤・増多の抑制作用
  • サイトカイン(インターロイキン5)の産生抑制作用

などが認められています。これらはアレルギーに密接にかかわることがわかっているので、注意が必要といえます。


□用法と用量

アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴うかゆみ(湿疹、皮膚炎、皮膚のかゆみなど)>

  • 成人では、ベポタスチンベシル酸塩として1回10mgを1日2回、経口にて服用するようにしてください。
  • 年齢や症状により、適宜増減することも可能です。

<7歳以上の小児>

  • ベポタスチンベシル酸塩として1回10mgを1日2回、経口にて服用するようにしてください。
  • 小児では適宜増減は推奨されておらず、また6歳以下の小児には使用することができません。



□副作用

<軽度の副作用>
  • 眠気、口の渇き、悪心、胃の痛み、下痢、倦怠感、発疹など
<重大な副作用>
  • 排尿困難、呼吸困難、血液検査値異常など
<禁忌>
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
<併用に注意しなくてはならない薬剤>



□お知らせ

  • 眠気があらわれることがあるので、自動車の運転や危険な機械の操作をおこなう際には、十分に注意をするようにしてください。
  • 花粉症などの季節性のアレルギーに使用する場合には、発症時期の直前から服用を開始して、季節終了時まで服用することが推奨されています




□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

 

タリオン錠ジェネリック