ニゾラールジェネリック200mg(ケトコナゾール)「通販で格安で購入する方法」

 

ニゾラールジェネリック200mg(ケトコナゾール)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
お知らせ
レビュー
購入先

□概要

ケトコナゾールを有効成分とした錠剤タイプの抗真菌薬。カビの繁殖によっておこる水虫(白癬)、カンジダ、皮膚糸状菌などを治療します。

有効成分:Ketoconazole(ケトコナゾール) 200mg





□効果・効能

ケトコナゾール200mgは、水虫やカンジダ症、脂漏性皮膚炎などを治療することのできるお薬です。 白癬菌(インキン、タムシ、水虫など)やカンジダ菌を殺す働きがあります。

本剤は「表在性抗真菌薬(イミダゾール系)」という分類のお薬で、有効成分としてケトコナゾール200mgを含有する医薬品です。

医療用医薬品でも「ニゾラール」として用いられているお薬ですが、国内ではクリーム剤かローション剤などの外用薬としてのみ販売されており、内服薬では用いられていません。 

同系統の薬剤である「ラミシール」や「テルビー」などでは内服薬も販売されており、真菌に対して同様の効果が期待されています。

現在では、広域抗生物質ステロイド剤、免疫抑制剤、抗悪性腫瘍薬などの使用によって、真菌症の増加が問題になっています。

抗真菌薬は、通常の抗生物質が無効である真菌に対して有効な薬剤であり、各種の真菌症の改善作用が期待されています。 ケトコナゾールは高い抗真菌活性や、角質親和性を持つことがわかっています。

皮膚に対する貯留性が高く、多くの場合には外用薬として用いられます。 国内では内服薬の使用経験がありませんが、海外では皮膚症状に対する改善効果を期待して、内服で用いることもあります。

ケトコナゾールでは、真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの生合成阻害作用を介して、抗真菌作用を示すと考えられています。

皮膚糸状菌(Trichophyton属、Microsporum属、Epidermophyton 属)、Candida属、癜風菌(Malassezia furfur)に対して、非常に強い抗真菌作用を示します。 また、一部の研究では活性酸素を誘導する作用機序も報告されており、注目されている薬剤の一つです。


□用法と用量

ケトコナゾールの効能・効果および用法・用量は下記の通りです。

皮膚真菌症や脂漏性皮膚炎の治療に用いる場合には、1日1回、ケトコナゾールとして200mgを経口投与してください。

カンジダの治療に用いる場合には、1日1回、ケトコナゾールとして400mgを経口投与してください。




□副作用

ケトコナゾールの副作用としては、「肝障害、過敏症、ショック、アナフィラキシー」などが報告されています。 これらの症状が出た場合には、使用を中止するようにして、医師の診察を受けるようにしてください。

禁忌は「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者」とされています。 治療における特性上、皮膚症状の悪化など、体調変化を感じた際には、専門家の判断を仰ぐようにして下さい。

また、一定期間使用しても症状の改善が見られない場合には、本剤が無効な菌種であるほか、別の疾患のおそれがあります。 専門家に相談をして、適切な処置を受けるようにして下さい。

また、抗真菌薬では、併用禁忌の薬剤が多いことが特徴として挙げられます。 特に、「イトリゾール」などのトリアゾール系の薬剤では、代謝酵素であるCYP3A4の阻害作用が認められており、これらの酵素を介する薬剤との併用には注意が必要とされています。

ケトコナゾールはイミダゾール系の薬剤ですが、一部類似した骨格を有する薬剤でもあるので、併用薬に対して注意が必要である場合があります。 現在服用中のお薬がある場合には、専門家の判断を仰ぐようにして下さい。

ケトコナゾールでは、妊娠又は妊娠している可能性のある婦人について、安全性は確立していません。 妊婦、妊娠している可能性のある婦人または授乳婦においては、服用に際して専門家の判断を仰ぐようにして下さい。

また、小児に対する使用経験は少なく、安全性は確立していません。 低出生体重児、新生児、小児に対して使用する場合においても、医師の判断を仰ぐようにして下さい。

※ケトコナゾールの内服薬は国内では発売されておらず、海外のデータや説明書を訳してご説明しております。 本剤の服用については、自己責任で使用して頂きますようお願い申し上げます。




□お知らせ





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

 

ニゾラールジェネリック200mg(ケトコナゾール)