タミフルジェネリック(オセフル)「通販で格安で購入する方法」

 

タミフルジェネリック(オセフル)

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
お知らせ
レビュー
購入先

□概要

インフルエンザの治療、予防に!ウイルスに直接作用して増殖を抑える効果があります。日本では「タミフル」という製品名で処方されていますが、この商品はタミフルジェネリック医薬品です。インフルエンザの時期に自宅に常備しておくと、突然の発熱に対応できて便利です。

有効成分:Oseltamivir Phosphate(リン酸オセルタミビル)75mg





□効果・効能

オセフルは、インフルエンザ治療薬として有名な「タミフル」のジェネリック医薬品です。

イギリスの製薬会社であるニューテックファーマが開発したお薬で、同一薬物は国内では販売されていません。

熱がでてから48時間以内にタミフルを飲むと、インフルエンザの症状を軽くして、回復を早める効果があります。早くのむほど症状が軽くすみ、回復も早いので、24時間以内の服用が望まれます。

インフルエンザの潜伏期間は1~3日といわれているので、患者に接したときから1~3日以内にのむ必要があります。

ジェネリックのオセフルには「タミフル」と同じ有効成分であるオセルタミビルリン酸塩が、75mgと同一量配合されています。

タミフル」は2001年に中外製薬が開発した画期的なインフルエンザ治療薬で、開発当初は供給量が追いつかない品薄状態が続き、社会現象になりました。

2017年現在もジェネリック医薬品は開発されていないため、インフルエンザ治療薬として第一選択薬として処方されています。

タミフルジェネリック薬オセフルの最大の特徴は、インフルエンザA型及びB型に有効で、治療だけではなく予防的にも効果を発揮することです。

オセフルはタミフルと同様に、インフルエンザウイルスのノイラミニダーゼという酵素を選択的に阻害し、新しく生成されたウイルスの感染細胞からの遊離を阻害することによって、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する働きを持っています。

耐性菌の発症が1%未満と強力なウイルス増殖抑制作用を持っています。そのため、タミフルやオセフルはインフルエンザに感染した初期に服用するのが効果的です。

インフルエンザの初期症状として、38~40℃の高熱、頭痛・筋肉痛・関節痛などの全身症状、また悪寒(発熱のためぞくぞくする寒け)が強いのが特徴です。

これらの症状が見られた際は、48時間以内のタミフルやオセフルの服用が推奨されています。 予防的な服用としては、服用してから4時間後~最大10日間のみ有効です。

ただし、インフルエンザに感染した後の服用方法とは用量が異なるため注意が必要です。腎疾患をお持ちの方は用量調整が必要なため、必ず専門医を受診してください。

タミフル自体は国内では医師の診断及び処方が必要な医療用医薬品に指定されていますが、正しく用法用量を守ることを前提に、家庭に備蓄用としてタミフルジェネリックを購入される方もいらっしゃいます。

但し、副作用の発現や、他のお薬を飲まれている方、他の疾患をお持ちの方には注意が必要です。


□用法と用量

通常、成人及び体重37.5kg以上の小児に対し、タミフル又はオセフル75mgを1日2回、5日間服用します。

発症後48時間以内の投与が推奨されており、服用が遅れると十分な効果が発揮されない可能性があります。

服用してから2日ほどで症状が落ち着きますが、必ず5日間飲みきるようにしてください。

予防的な投与の場合は、オセフル75mgを1日1回、10日間服用します。

この予防効果は、服用している10日間のみ効果が現われます。 効果はオセフルもタミフルも同等です




□副作用

国内の臨床試験ではタミフル成分オセルタミビルリンの副作用として、腹痛が6.8%、下痢が5.5%、嘔気が3.9%報告されています。

嘔吐、傾眠、浮動性めまいの症状が現われた際は、過量(適切な量以上が体内に吸収されている状態)の可能性があるため、医療機関を受診してください。

また、10歳以上の未成年の方には、因果関係は不明ですがタミフルの服用後に異常行動をきたし、転落などの事故に至った例が報告されています。

このため、10歳~19歳の方には、合併症や既往歴などからハイリスク患者と判断される場合を除いては、原則として服用ができません。

インフルエンザウイルスに特異的に効果を発揮しますので、その他の細菌感染症や真菌感染症には効果を発揮しません。

風邪などの細菌感染症かインフルエンザか不明な際は、必ず医療機関で医師の診断を受けてからタミフル又はジェネリックのオセフルを服用してください。妊娠中の方、及び授乳中の方は原則服用ができません。

65歳以上のご高齢の方は副作用が出やすくなりますので、主治医とご相談の上で服用を検討してください。

同じシーズンに2回インフルエンザに罹患した際は、タミフル以外の治療薬を服用することが推奨されています




□お知らせ





□レビュー

私は50歳代の男性です。3年前の3月の話です。出張帰りの翌日の朝、何か熱っぽく、違和感を感じていました。時間が経つにつれて、だんだん体調が悪くなり、午後になるとガマンできず、ついに会社を早退してしまいました。慌てて急遽病院に行ったところ、市内の病院はどこも午後休診で診察を受けることが出来ず、とても落ち込みました。その日の夜は熱が40℃になり、とてもきつくて地獄でした。次の朝、這いながら病院に行ったところインフルエンザと診断されました。それから点滴治療を受けましたが、うそみたいに体調を回復したことがありました。
今年の冬はインフルエンザが流行っているので、会社から予防接種のおすすめがありましたが、私は注射が大の苦手でどうしようかなぁと思案していたところ、くすりエクスプレスさんのHPにタミフルジェネリックであるオセフルというお薬があることを発見し、至急購入することを決めました。
商品到着後、早速試しにオセフルを飲んでみましたが、特に副作用を感じることはありませんでした。オセフルの1錠は少し大きめで水と一緒に飲む必要がありましたが、比較的安価なので、万一のために常備しておいた方が安心できると思いました。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

 

タミフルジェネリック(オセフル)