リリカジェネリック(プレガバリン)50mg「通販で格安で購入する方法」

 

リリカジェネリック(プレガバリン)50mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
お知らせ
レビュー
購入先

□概要

武田鉄矢さんのCMで有名な鎮痛剤リリカの低価格ジェネリック薬!神経痛や疼痛、糖尿病性末しょう神経障害などの痛みを緩和する鎮痛剤なら。

有効成分:プレガバリン(Pregabalin)50㎎





□効果・効能

リリカ(Lyrica)は米国ファイザー社が開発した神経痛、神経障害疼痛、糖尿病性末梢神経障害などを緩和するお薬で、ロキソニンなどでは効果が低い症状にも。

プレガリン50mgは有効成分としてプレガバリン50mgを含有する神経痛・神経障害性疼痛治療薬です。

武田鉄矢さんのCMでも有名なし疼痛については(疼痛.jp)で詳しく紹介されています。

商品名リリカのジェネリック医薬品であり、先発品と同等の成分・効果でありながら安価で購入することができます。

神経痛・神経障害性疼痛は神経が障害や損傷を受けた影響によって興奮し続けて痛みを伝える神経伝達物質が過剰放出されることから起こる痛みと言われています。

この状態になると、痛みの根本の原因となる病気や怪我が治癒した後でも痛みが長々と続くことがよく起こります。

また神経痛・神経障害性疼痛はは大きく中枢性と末梢性に分類されます。中枢性は脳や脊髄に起因したもので、脳卒中後疼痛、脊髄損傷後疼痛、坐骨神経痛椎間板ヘルニアや頚椎症の痛みなどがあります。

それら以外のものが末梢性になり、帯状疱疹の神経痛、糖尿病性神経障害による疼痛や痺れ、顔面の三叉神経痛などがあります。

慢性腰痛や関節痛なども神経障害によるものである場合は少なくありません。

神経痛・神経障害性疼痛にはロキソニンなどのNSAIDSといった一般的な鎮痛薬はあまり効かず、除去できない痛みに長年苦しんでいる多くの方の前に現れた特効薬が有効成分プレガバリンです。

プレガバリンは痛みを伝える興奮性神経伝達物質の過剰放出を抑えることで鎮痛作用を発揮します。

中枢性&末梢性の神経痛、神経障害性疼痛、痺れをはじめ、線維筋痛症による疼痛にも有効です。

なお、服用開始1週目から疼痛抑制効果を得ることができますが頓服では効果がありません。痛みを取り除くためには決められた用法用量で服用を続けてください。


□用法と用量

神経障害性疼痛の場合、プレガリンを通常成人は服用初期に1日150mgを2~3回に分けて服用します。

年齢や症状に応じて適宜増減しますが、初期の1日の最大用量は300mgまでです。

その後服用を続けていくにあたり効果不十分な場合は1日の最大用量は600mgまでとなります。

なお、プレガリンの継続服用を急に中止したり一気に減量すると離脱症状が起こる恐れがあるので、徐々に減量していくようにしてください。




□副作用

プレガリン及びプレガバリン含有の薬剤の主な副作用には眠気、めまい、ふらつき、頭痛、体重増加、むくみ、下痢や吐き気などの胃腸症状などの症状が報告されています。

特に眠気はかなりの頻度で多くの方に起こるので、プレガリン服用後は車の運転や危険な作業は避けてください。

特に高齢者の方の場合は転倒の恐れもあるので慎重な注意が必要です。

また滅多に起こりませんが重大な副作用として呼吸困難、心不全、腎不全、低血糖、肝障害、視覚障害、皮膚粘膜障害、劇症肝炎、横紋筋融解症、血管浮腫、間質性肺炎などが報告されているので、もしもプレガリン服用後に何らかの身体の異常をきたしたら服用を中止してすぐ受診してください。

腎臓病、心不全、血管浮腫の既往症、高齢者の方はプレガリンの服用に慎重な注意が必要なので、少量から開始することを推奨します。

妊婦の方への安全性は確立していないので、プレガリンを服用するかどうかは医師の指示に従ってください。

授乳は薬が母乳に移行するため避けてください。 安定剤など精神神経系に関わる薬や他の鎮痛薬と飲み合わせると眠気などの副作用が強くなる恐れがあるので注意してください。

高血圧治療薬のACE阻害薬と併用すると血管浮腫の発現リスクが上がる恐れがあるので注意してください。

またアルコールも眠気やめまい、ふらつきなどを起こしやすくするのでなるべく控えるようにしてください。




□お知らせ





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

 

リリカジェネリック(プレガバリン)50mg