グルコバイ(アカルボース)「通販で格安で購入する方法」

 

グルコバイ(アカルボース)25mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
お知らせ
レビュー
購入先

□概要

食後に血糖値が急上昇するのをおさえる、糖尿病の治療薬で食後の血糖値を上昇を抑える「ダイエット」目的でも服用することがあります。

有効成分:アカルボース





□効果・効能

食後に血糖値が急上昇するのをおさえる、糖尿病の治療薬で食後の血糖値を上昇を抑えるダイエット目的でも。

グルコバイは有効成分アカルボースでαグルコシダーゼ阻害薬と呼ばれています。

食後の過度な血糖上昇を抑え糖の体内への吸収を緩やかにする作用があるため、主に糖尿病の治療に世界中で広く使用されています。

小腸粘膜には砂糖や糖質(炭水化物)をブドウ糖に分解する働きを持つαグルコシダーゼという酵素が存在します

食事中の糖は多糖類と呼ばれ、このままの状態では分子が大きく体内に吸収されないためαグルコシダーゼによってブドウ糖まで分解されます。

そうするとブドウ糖は体内に吸収されて血糖値が上がる仕組みになっていますが、グルコバイはこのαグルコシダーゼの作用を阻害することでブドウ糖への分解を遅らせることができます。

その結果糖の体内への吸収が遅くなるため食後の過血糖が抑えられることになります。

結果的には摂取した全ての糖が体内に吸収されますが、急な血糖上昇によって起こる糖毒性(高血糖によりインスリンの分泌が低下してインスリン抵抗性が上昇し更に高血糖を誘発する悪循環の状態)を防ぐことができます。

インスリンを介した直接的な血糖低下作用はないため、糖尿病治療の場合は他の血糖降下剤と一緒に服用する場合が多いです。

効果は穏やかで劇的な血糖降下作用はありませんが、安全性に優れていて長期的に服用することで糖尿病の指標となるHbA1c値を低下させることが可能です。

ちなみに全ての糖尿病治療薬で共通することですが、食事療法や運動など生活習慣を見直した上でそれでも血糖値が高値の場合に血糖降下剤を開始します。

食後の急激な血糖上昇を抑えるという作用から、ダイエット目的で服用する方も増えています。

血糖値が急上昇することで余分なエネルギーが脂肪に合成されるので、グルコバイが血糖の急上昇を防ぐことにより食事をしても身体を脂肪を溜め込みにくい状態に導いてくれます。

ただし摂取したカロリーはそのまま吸収されるので食べたものを無かったことにしてくれる薬ではないため注意してください。

またグルコバイをはじめとするαグルコシダーゼ阻害薬は糖代謝を改善することによって、副次的にコレステロール値の改善(中性脂肪を下げて善玉コレステロールを上げる)も期待することができます。


□用法と用量

グルコバイは通常成人は1回100mgを1日3回食直前に服用しますが、年齢や身体の状態によっては1回50mgより服用を開始します。

また年齢や症状に応じて適宜増減することが可能です。食事前10分以内に服用することが大切です。飲み忘れに食後すぐに気付いたらまだ間に合いますが、食後30分以上経って服用しても効果はありません。

血糖値は正常範囲内でダイエット目的でグルコバイを服用する場合は、食べ過ぎが予想される食事の前だけなど頓服的に服用するのでも効果があります。

逆に低カロリーな食事や絶食時にグルコバイを服用しても効果は薄く低血糖を招く恐れがあるため服用を控えてください。




□副作用

副作用 は腹部膨満感、放屁の増加、下痢などの消化器症状が多く報告されています。

重症化することはほとんどなく次第に慣れ症状は改善していくので軽度であれば心配要りません。

特に他の血糖降下剤を服用している場合、低血糖によるふらつき、動悸、冷や汗、震え、けいれんなどの症状にも注意が必要なので低血糖を感じたらすぐブドウ糖を補給してください。

また滅多に起こりませんが重大な副作用として肝障害が挙げられます。

グルコバイを服用後に日常生活に支障があるほどの何らかの身体の異常をきたしたら服用を中止してすぐ受診してください。

腸閉塞など消化器系の疾患、肝障害、腎障害、高齢者の方は服用に慎重な注意が必要です。妊婦の方は服用できません。
また血糖降下作用を強める薬、弱める薬が多数存在するので何らかの疾患で服薬治療中の方はグルコバイを服用する前に必ず医師か薬剤師に存在してください。




□お知らせ





□レビュー

レビュー1・
 
レビュー2・


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

 

グルコバイ(アカルボース)25mg