ナプロシン250mg「通販で格安で購入する方法」

 

ナプロシン250mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
お知らせ
レビュー
購入先

□概要

ナプロキセン配合の有名な鎮痛薬で、国内では田辺三菱製薬がナイキサンの薬名で販売!炎症による痛みをやわらげる副作用が少ない鎮痛剤!

有効成分:Naproxen(ナプロキセン)250mg



痛風、腰痛、四十肩、関節痛、リウマチ、腱鞘炎、帯状疱疹、歯の痛みなどの鎮痛

□効果・効能

痛みは大きく分けると神経性の痛みと炎症性の痛みがあります。ナプシロンは炎症性の痛みをやわらげる抗炎症・鎮痛薬です。炎症をしずめて腫れをおさめ、熱と痛みを取る作用があります。

ナプシロンは痛風、腰痛、四十肩、関節痛、リウマチ、腱鞘炎、帯状疱疹、歯の痛みなど、炎症性の痛みに幅広い効果があります。ナプシロンの有効成分ナプロキセンは鎮痛作用が早く、副作用が少ないお薬です。


□用法と用量

  • リウマチなど慢性の痛みには、1日に1回、症状によって2~4(500~1,000mg)錠服用します。
  • 空腹時にのむと胃腸障害が出ることがあるので、食後に服用します。
  • 痛風発作には1回に2錠服用します。
  • 喘息や潰瘍性の胃腸障害のある人、妊娠中の人は医師に服用を相談してください。



□副作用

腹痛、胃痛、胃の不快感、胃腸の障害、吐き気、食欲不振などが現れることがあります。


□お知らせ


炎症はケガをしたりばい菌が侵入したときに、組織を修復したり外敵を攻撃したりする免疫反応です。患部に血液とリンパ液を集中させるので、腫れて熱や痛みが出ます。炎症が過剰になるとこの反応が逆に組織を壊すこともあります。

炎症反応を引き起こす免疫物質として、ヒスタミンやプロスタグランジンなどがあります。ナプシロンはプロスタグランジンの産生を抑制するお薬です。

ステロイド剤には強い抗炎症作用がありますが、副作用が強いのが欠点です。ナプシロンは選択的にプロスタグランジンの産生だけを抑制する非ステロイド性の抗炎症薬で、副作用が少ないお薬です。




□レビュー

レビュー1・
 
レビュー2・


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

 

ナプロシン250mg