イフ2点眼液「通販で格安で購入する方法」

 

イフ2点眼液

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
お知らせ
レビュー
購入先

□概要

アレルギー性結膜炎で目のかゆみ、充血などに効く有名な点眼薬です

有効成分:オロパタジン塩酸塩 0.1%w/v





□効果・効能

イフ2点眼は有効成分としてオロパタジン塩酸塩0.1%を含有する抗アレルギー点眼薬です。

アレルギー性結膜炎の治療に世界中で非常に多く使用されています。 日本では「パタノール点眼」という商品名で広く知られています。

イフ2点眼の有効成分オロパタジンは第2世代の抗ヒスタミン薬に属する抗アレルギー薬で、「アレロック」などの名前で有効成分オロパタジンの内服薬も販売されています。

アレルギーの発症にはヒスタミンという体内物質が大きく関与しています。 アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)による刺激でアレルギー反応が始まると、免疫系の細胞である肥満細胞からヒスタミンをはじめとする化学伝達物質が大量に放出されます。

放出されたヒスタミンは体内に存在するH1受容体に結合することで作用し、様々なアレルギー症状を引き起こすのです。

有効成分オロパタジンはH1受容体を遮断し、尚且つロイコトリエンなどアレルギーに関与する様々な化学伝達物質の遊離も抑制するため強い抗アレルギー作用を発揮します。

本剤は点眼薬であるため、目に起きたアレルギー症状を抑えることに特化しています。 目のかゆみ、結膜充血、涙目、目やに などアレルギー性結膜炎による症状を改善します。

イフ2点眼をはじめとする抗アレルギー点眼薬はステロイドの点眼薬ほど強力ではありませんが、副作用の心配がほとんどなく安全に長期間使用することができます。速効性があることもメリットです。

本剤は比較的軽度のアレルギー性結膜炎にお勧めします。重度の結膜炎においては一時的にステロイド点眼薬と併用する必要があります。

コンタクトレンズを使用している方は、イフ2点眼液を使用する前にコンタクトレンズを外した後10分以上してからご使用ください。

有名な第2世代の抗ヒスタミン薬の「効果の強さ」と「眠気の強さ」をグラフにしましたので参考にしてください。


□用法と用量

イフ2点眼を通常1回1~2滴、1日4回 (朝、昼、夕、就寝前) 目安に点眼します。医師からの特別な指示がなければ1滴で十分です。

過量に使用しても効果が強くなるわけではなく、逆に副作用発現の恐れがあるので用法用量を必ず守ってください。 また、症状が軽度である場合、用法を減らしても問題ありません。

清潔な手で、容器の先が目やまつ毛や皮膚に触れないように注意しながら1滴を確実に点眼してください。 点眼後は1分ほど静かに目を閉じてください。また、その際に目頭を軽く押さえると目の中で薬が行き渡りより効果的です。

2種類以上の点眼薬を使う際は5分ほど間隔を空けてください。 ソフトコンタクトレンズを装着している方は外してから点眼し、10分以上経過してから再装着してください。

これは防腐剤のベンザルコニウムによるレンズの変色を防ぐためです。ただし、目に少しでも異常がある場合はそもそも裸眼で過ごしておくことを強く推奨します。




□副作用

イフ2点眼の副作用はごく僅かですが、刺激感、痛み、掻痒感、結膜充血、眼瞼炎、眼瞼皮膚炎、眼瞼浮腫などが稀に報告されているため念のため注意してください。

万が一、点眼後に何らかの目の異常をきたした場合は使用を中止してすぐ眼科を受診してください。 点眼薬の使用でアレルギーを起こしたことのある方や目に炎症疾患がある方はイフ2点眼の使用に慎重な注意が必要です。使用開始する前に医師に相談してください。

イフ2点眼を使用できない方や併用禁忌薬は特にありません。 イフ2点眼を数日間使用していても症状の改善が見られない場合は重度の結膜炎か他の眼疾患の可能性があるため、すぐ眼科を受診してください。

点眼薬は開封後1ヶ月経過したら、細菌が繁殖する恐れがあるため薬が残っていても衛生上廃棄してください。

※この商品の使用により不快な副作用が現れた場合、使用を中止して医師にご相談ください。
※過剰量を服用した場合、直ちに医師にご相談ください。
※副作用をよび使用上のご注意はここに記載の限りではありません。 




□お知らせ





□レビュー

レビュー1・
 
レビュー2・


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

 

イフ2点眼液