プレガバリン「通販で格安で購入する方法」

 

リリカジェネリック(プレガバリン)150mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
お知らせ
レビュー
購入先

□概要

武田鉄矢さんのCMで有名な神経性疼痛のお薬!米国ファイザー製の有名なお薬リリカのジェネリック!神経痛、疼痛などの鎮痛剤として国内でも処方量が多い有名薬!

有効成分:プレガバリン(Pregabalin)





□効果・効能

神経障害に伴う痛みやしびれに効果があるリリカジェネリックは、有効成分としてプレガバリンを配合しています。

国内では2010年に「リリカカプセル」として販売され、ファイザー社が開発し、エーザイ社が販売しています。

武田鉄矢さんのCMでも有名な疼痛については(疼痛.jp)で詳しく紹介されていますのでご参考に。

当社のリリカジェネリックは海外で厳しい検査をクリアしたジェネリック医薬品ですが、国内では2018年現在ジェネリック医薬品はまだ販売されていません。

頭痛・歯痛・生理痛・腰痛などの一般的な痛み(侵害受容性疼痛)ではなく、帯状疱疹の後遺症や糖尿病性神経障害などの神経性のしびれや痛みに対して効果が高いお薬です。

2010年に開発された当時は疼痛の画期的なお薬として注目を浴びました。

神経障害性疼痛に分類されるほとんどの症状は、神経が過剰に興奮している状態が多く、体内で様々な神経伝達物質が過剰に放出されている状態が原因です。

その神経の興奮が起こる原因の一つにカルシウムイオンがあります。有効成分のプレガバリンがこのカルシウムイオンの放出を抑えることで、神経の興奮を抑える効果があります。

神経障害性疼痛以外に、線維筋痛症に伴う疼痛にも適応があります。

線維筋痛症とはリウマチ患者さんに多く見られる症状で、関節・筋肉・腱など身体の広範な部位に慢性のこわばりと痛みを感じる疾患で、詳細な原因などは今だ明らかとなっていません。

心理的・社会的なストレスや外傷がきっかけで発症することが多いと言われています。

リリカジェネリックロキソニンなどの痛み止めと違って即効性のあるお薬ではなく、長時間飲み続けることで徐々に痛みを和らげることが分かっています。

少ない用量から飲み始めて、徐々に量を上げていく暫増療法が用いられます。痛みがあるときだけ服用するのではなく、一定期間服用することが必要なお薬です。

特に慢性化してしまった痛みに対しては時間が必要です。今まで諦めていた慢性的な痛みを完全に取り除くことは難しくても、痛みの度合いを減らすことはできるかもしれません。


□用法と用量

リリカジェネリックは成人に対し、初期用量として1回1錠(150mg)を1日2回に分けて服用し、その後1週間以上かけて1日用量として300mgまで増やしていきます。

ご年齢や症状の重症度により適宜増減しますが、1日の最高用量は600mgまでと定められており、いずれも1日2回に分けて服用する必要があります。線維筋痛症に伴う疼痛の場合は、最高用量が450mgまでと定められています。

高用量のリリカジェネリックを飲むことで痛みを取る効果が増すことはありません。用法用量を守って正しく服用してください




□副作用

他のお薬との相互作用は比較的少ないお薬ですが、オピオイド系鎮痛剤との併用により呼吸不全や昏睡などの副作用が報告されているため併用できません。

またアルコールや睡眠導入剤との併用で認知機能障害の恐れが報告されています。飲酒される際は、リリカジェネリックとの服用時間をずらすようにしてください。

国内の臨床試験の結果、主な副作用として、浮動性めまいが23.4%、傾眠(眠たくなる)が15.9%、浮腫が10.7%報告されています。めまいや傾眠の副作用により転倒なども報告されているため、服用後は十分注意してください。

腎臓で代謝されるお薬のため、腎臓系の疾患をお持ちの方はお薬が効き過ぎることがあります。腎疾患をお持ちの方は、担当医に相談の上で服用量を調整してください。

65歳以上の方も生理機能の低下からお薬が効き過ぎることがありますので、自己判断せずに専門医に相談の上で服用を検討してください。妊娠中の方は原則服用できません。出生児への影響が報告されています。




□お知らせ





□レビュー

レビュー1・
 
レビュー2・


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

リリカジェネリック(プレガバリン)150mg