バルトレックスジェネリック「通販で格安で購入する方法」

 

バルトレックスジェネリック500mg

『メニュー』

概要
効果・効能
使用法
副作用
お知らせ
レビュー
購入先

□概要

ヘルペス治療薬で有名なバルトレックスの低価格ジェネリックでお薬代節約!

有効成分:Valacyclovir Hydrochloride(バラシクロビル)500mg





□効果・効能

バルトレックスジェネリックセントレックス)は単純疱疹やヘルペスウイルスなどの感染症に効果がある抗ウイルス薬です。

国内で市販されているバルトレックスと同じ有効成分バラシクロビル塩酸塩を配合しており、ヘルペスの再発防止効果も優れています。

世界75カ国で承認・販売されている世界的シェアの高いお薬です。日本では2000年に承認・販売されており、錠剤の他に顆粒剤もございます。

セントレックスはインドの大手製薬会社であるセンチュリオン・ラボラトリー社が開発したお薬で、ジェネリック医薬品のため経済的ですが、バルトレックスと同じ効能を持っています。

バルトレックスは従来の抗ヘルペス治療薬であるアシクロビル(商品名:ゾビラックス)に比べて体内に吸収しやすいように改良されており、服用回数が1日2回と少なく、体内で代謝されたあとに活性化体に変化する第2世代に分類される抗ウイルス薬です。

ヘルペスウイルスにはいくつかの型があり、1型が唇の周辺に感染して発症する口唇ヘルペスで、2型が性器ヘルペスです。症状としては、肌に小さな水ぶくれ(水泡)をつくり、ヒリヒリした痛みをおこすのが特徴です。

これ以外に、単純疱疹、帯状疱疹水ぼうそう(水痘)にも効果があります。 性器ヘルペスとは、セックスだけではなくオーラルセックスなどで感染する性感染症のひとつです。

20代から30代前半の比較的若い女性が発症しやすく、男性よりも女性がかかりやすい傾向にあります。発症したことはなくても、日本人の5~10%は性器ヘルペスウイルスのキャリア(保持者)であるというデータもあります。

性器ヘルペスを治療せず放置すると、女性の場合子宮けい管にまで感染が広がり、不妊症の原因になることがあります。発症後72時間(3日以内)にバルトレックスを服用するのが大切です。

また、感染を繰り返す再発力が強いウイルスのため、お薬を飲みきることも大切です。


□用法と用量

感染したヘルペスの種類により服用方法が異なります。口唇ヘルペスを発症した場合、1回1錠(500mg)を1日2回、5~7日間服用します。

性器ヘルペスの場合も同様で、1回1錠(500mg)を1日2回5~7日間服用します。帯状疱疹及び水痘(水ぼうそう)の場合は服用回数が異なり、1回2錠(1,000mg)を1日3回服用します。

食前や食後などの決まりはございませんが、空腹時を避け食後の服用が推奨されています。性器ヘルペスの予防の場合は、1回1錠(500mg)を1日1回、半年を目安に長期間服用します。




□副作用

セントレックスを含むバルトレックスジェネリックの錠剤を服用中の方は、バルトレックスの軟膏剤と併用するのは控えてください。思わぬ副作用が現われる危険があります。

特に過量投与の場合、効果が倍増されるのではなく、錯乱や幻覚などの精神神経症状が報告されているので注意が必要です。バルトレックスの副作用として、国内の臨床試験の結果、頭痛が2.8%、眠気等の意識低下が2.5%、肝機能検査値の上昇が1.3%報告されています。

その他に、下痢・吐き気・発疹・めまいなどが報告されています。重篤な副作用は報告されていませんが、症状がひどい場合は服用を中止して医療機関を受診してください。

腎臓の機能が低下している方、ご高齢の方はこれらの副作用が強くでる可能性があるため注意が必要です。また、ごく稀な副作用として、アナフィラキシーショックという呼吸困難を伴う急性症状が報告されています。妊娠されている方は原則服用ができません。

産婦人科を受診し、医師が服用の必要性を認めた場合のみ服用が可能です。授乳中の方も原則服用ができません。授乳中へバルトレックスの成分が移行することが証明されています。

バルトレックスは苦味成分を抑えるために、錠剤にコーティングが施されています。錠剤を潰して飲むことは控えてください。飲みにくいと感じる方は、多めの水で飲むようにしてください。




□お知らせ

口唇ヘルペスは、唇やその周囲に小さな水ぶくれが出来る病気です。 原因となる単純ヘルペスウイルス1型は感染力が強く、直接的な接触の他にウイルスがついたタオルや食器などを介しても感染することがわかっています。

このウイルスの特徴は、最初の感染によって免疫を獲得したとしても、再感染や再発を繰り返すということです。 成人にみられる口唇ヘルペスのほとんどは再発型で、年1~2回の再発を繰り返すのです。

乳幼児期に単純ヘルペスウイルス1型は初感染を起こしますが、症状が出ることはほとんどありません。 しかし、その際にウイルスは神経節にひそみ、何らかのきっかけで活動を起こし、口唇ヘルペスなどの症状が現れるのです。

風邪、疲労、ストレス、老化、ステロイドの使用、免疫抑制剤の使用などによって体の抵抗力や免疫機能が低下すると、発症しやすいと言われています。

治療は、抗ウイルス薬の内服や外用によって行います。 早い時期に治療を始めた方が効果的であるので、症状が出た際には、速やかに治療を開始すると良いでしょう。





□レビュー

レビュー1・ヘルペス は時間とのたたかいで、あれ?できそうかな?ウズウズしはじめた時に飲むとほとんど発症しません。個人差はあるとおもいますが。先日5年ぶりくらいに口にできてしまい悪化させてしまいました。ちょうど薬を切らしていて嫌な思いをしたので、早速こちらを購入しておいてもしもの時に服用したいと思います。
 
レビュー2・エクスプレスさんにはいつもED治療薬などでお世話になっています
今回は、エルぺスの治療薬です
私の妻は若いころから口唇ヘルペスを患っており、いつもは市販の塗り薬を使用していますが、昨年あたりから次女がやはり口唇ヘルペスを発症しまして塚と話した結果バルトレックスのジェネリック薬であるこの商品を購入しました。
発症するときにはわかるらしく今後はおかしいなと思った時には服用すると言っています
本人たちも飲み薬に興味があるらしいのですが、やはり塗り薬のほうが効果がある感じがするらしく
言っては何ですが、発症が楽しみではあります


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

 

 

バルトレックスジェネリック500mg